お問合せ

セミナーお申込み

リーンシックスシグマ
ブラックベルトコース
コースコード:LSB

受講料:企業内セミナーにつき、お問合せください。

企業内セミナー
期間:座学10日間

部門の垣根を越えた改善チームのリーダー、「ブラックベルト」人材を養成します。

期間 座学10日間
会場 御社会場
提供物 テキスト(ハードコピー)、理解度確認、LSS Project Work Book(用語解説付き)、演習解答例、リーンシックスシグマ ブラックベルトコース修了証
特色 グローバル・ビジネスに必須の共通言語、LSSの独特用語の意味と使用法を「日本語」でマスターできます。VSM、Charter、SIPOCなどの重要ツールは「作成教室」を設定し、確実に使えるようになります。コースは、座学3割、演習7割で構成。現場で使える「思考力」と「実践力」が身に付きます。講師は、飽きさせない講義で大好評、「青木 保彦」氏がメインで担当します。

対象

受講対象者

  • リーンシックスシグマ(LSS)を組織的に導入するミッションをお持ちの方
  • 部門の垣根を越えた改善活動を行うチームリーダー候補の方

カリキュラム

スケジュール

  • 第1章:リーンシックスシグマ(LSS)概要
  • 0101:リーンシックスシグマとは
  • 0102:シックスシグマ誕生の背景
  • 0103:シックスシグマ普及の理由
  • 0104:シックスシグマとは?
  • 0105:リーンとは?
  • 0106:トヨタウエイ(TPSの家、JIT、自働化)
  • 0107:7つのムダ
  • 0108:間接部門7つのムダ
  • 0109:キヤノン9つのムダ
  • 0110:リーンシックスシグマの拘り
  • 0111:改善活動の区分(LSS、RIE、JDI)
  • 0112:ベルトの役割
  • 0113:ツールキットの意味
  • 0114:既存の改善手法(5S、QC、N7、4M、SCOR、8Dなど)
  • 0115:QCD(Quality、Cost、Delivery)
  • 0116:時間の定義(タクト、サイクル、タッチ、リードタイム)
  • 0117:リーンシックスシグマの基本コンセプト 
  • 第2章:DMAIC手順
  • 0201:DMAIC概要(Define、Measure、Analyze、Improve、Control)
  • 0202:QC手順との差異
  • 0203:DMADV手順(DFSS、Design for Six Sigma)
  • 0204:シックスシグマ8手順(rDMAICsi)
  • 0205:DMAICとPDCA
  • 0206:チャーター(Charter)
  • 0207:トールゲート(Tollgate)
  • 0208:ストーリーボード
  • 第3章:LSS思考の基本
  • 0301:2つの指導理念(COPQ)
  • 0302:2つの指導理念(CTQ)
  • 0303:VOC(Voice of Customer)
  • 0304:VOC調査のポイント
  • 0305:三現主義
  • 0306:現場の歩き方
  • 0307:メトリクス(Metrics)
  • 0308:記述書のポイント(Statement)
  • 0309:クロス・ファンクション
  • 第4章:Breakdownフェーズ
  • Breakdown:経営目標と改善活動を整合させ、改善活動を組織化する
  • 0401:経営幹部の役割(まずは、経営幹部が動く)
  • 0402:テーマ・ノミネート
  • 0403:優先順位の設定(PICKチャート)
  • 0404:レイティング
  • 0405:チャーター作成教室
  • 0406:SIPOC
  • 第5章:Define(定義)フェーズ
  • Define:改善活動を定義する(改善テーマを具体化し、成果目標を定量化する)
  • 0501:Defineの役割
  • 0502:VSM(Value Stream Map)Overview
  • 0503:ステークホルダー(RACIチャート)
  • 0504:チーム・ビルディング
  • 0505:ファシリテーション
  • 0506:ワークアウト
  • 0507:変えるべきこと、変えないこと
  • 0508:チャーターの確定
  • 第6章:Measure(測定)フェーズ
  • Measure:問題を発生させている原因を構造化、実態を定量的に把握し、組織全体の合意を得る
  • 0601:Measureの役割
  • 0602:MECE
  • 0603:ティアダウン(Tear Down)
  • 0604:メジャーに忍び込むエラー(MSA, Gage R&R)
  • 0605:測定計画(DCP、Date Collection Plan)
  • 0606:分布の把握(正規分布)
  • 0607:プロセスの強靭性(平均値と標準偏差)
  • 0608:基本統計量
  • 0609:箱ひげ図(Box Plot)
  • 0610:工程能力指数(Cp,Cpk)
  • 0611:動線分析(スパゲティ・チャート)
  • 0612:相関・回帰分析
  • 0613:Y=F(x)(仮説ベース)
  • 0614:問題点マップ(簡易スクリーニング手順)
  • 0615:特性要因図(フィッシュボーン) 
  • 第7章:VSM(Value Stream Map)
  • 0701:VSMの定義
  • 0702:VSM Symbol
  • 0703:VSMとスイムレーン(SwimLane)
  • 0704:VSMはLSSの基本ツール
  • 0705:Current VSM
  • 0706:3つのVSM(Current、Ideal、Future)
  • 0707:VA/NVA分析
  • 0708:VSM Roadmap
  • 0709:VSM 9つのツールキット
  • 0710:ECRS
  • 0711:VA/NVA分析
  • 0712:BPR(Business Process Reengineering)
  • 0713:直行率(FPY、First Pass Yield)
  • 0714:QCD
  • 0715:PERT(Program Evaluation and Review Technique)
  • 0716:4M(5M)
  • 0717:MECE(Mutually Exclusive and Collective Exhaustive)
  • 0718:ムダ
  • 0719:ツール選択のポイント
  • 0720:VSMケーススタディ
  • 第8章:Analyze(分析)フェーズ
  • Analyze:現状の「何を」、「どう変えるのか」を論理的思考、三現主義で徹底的に議論する(必要に応じて補足調査の実施)
  • 0801:Analyzeの役割
  • 0802:改善しよう!ではなくて、欠陥(ディフェクト)を解消しよう!
  • 0803:MフェーズからAフェーズへ
  • 0804:制約理論(TOC、Theory of Constraints)
  • 0805:プロセスマップの書き方教室
  • 0806:リトルの法則(Little’s Law)
  • 0807:6つのロス
  • 0808:総合設備効率(OEE、Overall Equipment Effeciency)
  • 0809:親和図法
  • 0810:根本原因解析(RCA、Root Cause Analysis)
  • 0811:なぜなぜ分析(Why2)
  • 0812:タグチメソッド
  • 0813:なぜなぜ分析と品質工学
  • 0814:効果的な「なぜなぜ分析」
  • 第9章:Improve(改善)フェーズ
  • Improve:成果を確実なものとするために、現場のモラルを考慮しながら、改善案導入のバリアを徹底的に潰す
  • 0901:Improveの役割
  • 0902:多次元評価法
  • 0903:経営改革が成功する条件(3R)
  • 0904:LSSが成功するポイント
  • 0905:カタパルト実験
  • 0906:4M5E
  • 0907:αリスクとβリスク
  • 0908:故障モード解析(FMEA)
  • 0909:その他の関連手法(FTA、ETAなど)
  • 0910:改善の新しい視点(シックスシグマのISO)
  • 0911:平準化
  • 0912:シングル段取り(SMED)
  • 0913:過程決定計画図(PDPC法)
  • 0914:状態遷移図(STD)
  • 0915:ヒヤリハットを防ぐ
  • 0916:フォース・フィールド
  • 0917:改善案の評価(t検定)
  • 0918:改善案の集約
  • 第10章:Control(管理)フェーズ
  • Control:改善成果のノウハウ化を志向し、改善効果を後戻りさせないための行動計画を作成、継続的活動に繋げる
  • 1001:Controlの役割
  • 1002:プロセスオーナー移管書
  • 1003:現場導入計画
  • 1004:管理ポイントの設定
  • 1005:トラッキングシート
  • 1006:管理図(Control Chart)
  • 1007:管理図の書き方教室
  • 1008:標準化・文書化
  • 1009:ToDoリストの具体化
  • 1010:ストーリーボード
  • 1011:コクピット
  • 第11章:Workbookの活用方法
  • 第12章:Best Practice(総合ケーススタディ)
  • 第13章:LSS展開上の留意点
  • 第14章:最終試験
  • 備考:上記掲載の内容は、予告なく変更することがございます。

講師よりご挨拶

青木 保彦

Aoki yasuhiko

お問合せ先

株式会社グローバルテクノ 研修事業部(企業内セミナー担当)
E-mail:eigyo@gtc.co.jp TEL:03-3360-9005