アセスメント協会(JAA)

アセスメント協会は、未来を見据えた地球環境、社会環境、組織経営・運営に役立つ「アセスメント」(監査・審査・観察)の研究を進め、理論と実務のバランス・融合を図り、これらを広く普及する活動を通して社会に貢献することを目的として設立されました。

1994年6月の設立以来、東京(「品質マネジメントシステム研究部会」、「環境マネジメントシステム研究部会」、「製品・労働安全研究部会」)のほかに、関西、東日本において研究部会が活発に開催されております。

会員には広く門戸を開けており、諸組織・一般市民をはじめ、学識経験者・実務経験者ならびに審査員・コンサルタントら多彩なメンバーの参加を得ております。

本会の趣旨と活動に対するご理解とご賛同をいただき、会員として研鑽を積まれますようご案内申し上げます。

東日本:東日本アセスメント協会(E-JAA)

永続的発展と人の輪が拡がり・つながることを祈念して、メーリングリストと、フェイスブックを運用中。

1996年2月に栃木支部として発足後、北関東支部→北関東アセスメント協会→東日本アセスメント協会と名称変更を重ねて現在に至っています。活動本拠地を宇都宮としていますが、東京・神奈川・埼玉・栃木・群馬などから参加いただいております。

活動の特徴は、組織・一般市民・コンサルタント・審査員など様々な立場のメンバーが対等な立場で議論出来る自由な雰囲気があり、会員のみならず広く社会の方々にも参加いただける“公開講座”を開催していることです。

おかげさまで宇都宮を活動拠点としてスタートしてから、2016年には設立20周年を迎えました。“東日本”という名称にこだわることなく、活動の趣旨に賛同いただける方であれば、どなたでも歓迎です。気軽なお試し体験(オブザーバー参加)からいかがでしょうか!

活動方針:Give&Takeの精神を基本とし、会員の仕事上の課題解決及び情報交換・相互啓発を目指し、付加価値を感じる活動と人脈の形成を図る。

新規ウィンドウが開きます東日本アセスメント協会の記事が、ISOマネジメント2012年7月号、8月号に「現代版ISO寺子屋」として掲載されました。
新規ウィンドウが開きます東日本アセスメント協会入会申込書(Word版)
新規ウィンドウが開きます2019年度活動計画(PDF版)

関西:関西アセスメント協会

関西アセスメント協会は、関西を中心に活動しているISO審査員の交流の場であり、研究機関です。次の問題を解決する場として大変有効です。

  • 審査員の資格を取得したけれど、さらに勉強をして審査員としての力量を上げたいと思っている方。
  • 社内のISO事務局として、内部監査員としての力量を上げたいと思っている方。
  • 自社にISOを導入したが、コンサルに多額の費用をかけるより自ら勉強して改善したい方。
  • 毎年の提出が必要なCPDの勉強の時間確保に困っている方。

関西アセスメント協会では、年6回の例会と2回のフィールドワークを通して、QMS及びEMSの審査員としての力量向上、又、社内の担当者としての見識の向上をはかるための勉強会を行っております。メンバーは、要求事項の理解や、審査する技術力の向上に向けた勉強に熱く向き合う人が多く、CPD作成のための勉強に留まらず、自らの力量向上に向けた意欲の高さをお互いに感化しあっています。

ご興味がある方は、一度覗いてみませんか。 但し、入会には簡単な審査があります。まずは下記メールにて、ご連絡をお願い致します。 尚、頂きました情報は、協会からの連絡以外には使用致しません。

新規ウィンドウが開きます関西アセスメント協会ホームページ
新規ウィンドウが開きます関西アセスメント協会お問合せ

東京:アセスメント協会東京

東京では、月例会を開催(但し、8月は休会月)しています。午前中は、製品・労働安全研究部会、午後からは環境マネジメントシステム研究部会および品質マネジメントシステム研究部会を開催しておりますが毎回多数の会員の参加があり盛んな討論を繰り広げています。

製品・労働安全研究部会:小野住会長の豊富な活動経験を元に規格(JIS C 0508-1:1999 電気・電子・プログラマブル 電子安全関連系の機能安全)の詳細な解説を基調として研究部会を開催していますが、解説の途中で参加者からの実務経験に基づいた活発な意見が交換されるなど、企業の担当者にとってはまたとない経験を積み上げる場となっています。

環境マネジメントシステム研究部会:「秦野市が地下水壊滅の恐怖から立ち直った奇跡の全貌」や「栃木県グリーン調達推進方針」等フイールドでの実際出来事を部会長、副部会長が詳細に解説し、参加者の実務経験に基づいての討論や意見交換を行い、審査員として、コンサルタントとして、企業実務者としてのスキルアップに役立っています。

品質マネジメントシステム研究部会:部会長、副部会長の主導で規格内容の詳細解析を行ったり、審査員やコンサルタント、企業実務者の経験結果に基づいての悩み/疑問等を参加者へ出して業務の方向性を見つけたりでお互いのスキルアップに活用しています。

アセスメント協会では、東京の他に東日本(宇都宮市)、関西(大阪)、北陸(高岡市)で定例研究会を開催しております。事務局宛事前に連絡が必要ですが、会員以外の方の入会前見学としてのオブザーバー参加は大いに歓迎いたします。

新規ウィンドウが開きますアセスメント協会東京のご案内
新規ウィンドウが開きますアセスメント協会東京会員申込書(PDF)