ISO研修、ISOセミナー:ISO9001、ISO14001、ISMS、OHSAS、シックスシグマのことなら、グローバルテクノ
株式会社グローバルテクノ株式会社グローバルテクノ JRCA承認 ISO9000/ISMS審査員研修コース開催/JRCA登録 CPDコース開催/CEAR承認 ISO14001審査員研修コース開催/CEAR登録 CPDコース開催/IRCA認定 審査員研修コース開催/JIPDEC認定 プライバシーマーク審査員研修コース開催/JATA公認 内部監査員養成コース開催
〒164-0001 東京都中野区中野5-5-11 フリーダイヤル 0120-74-9001 FAX 03-3319-9002 kenshu@gtc.co.jp
ISO情報 セミナー 認証サービス 講師派遣 出版 お申込・問合せ 資料請求 割引制度 交通アクセス 会社概要

TOP PAGE > ご挨拶 > プライバシーポリシー(2)

会社概要

back

株式会社グローバルテクノ プライバシーポリシー

個人情報の安全管理

当社は、以下の4つの観点から安全管理措置を講じることで、当社の取り扱う個人情報の安全な管理を進めます。

組織的安全管理措置:

(1)組織体制の整備
代表自らが個人情報管理責任者(CPO)を兼任し、苦情相談窓口を置き、個人情報の適切な管理の維持に努めます。

(2)安全管理のための運用
設置する当社の取り扱う個人データの安全管理に重点をおき、個人情報取扱いの「取得・入力」「移送・送信」「利用・加工」「保管・バックアップ」「消去・廃棄」4つの段階について適切に運用します。

人的安全管理措置:

(1)機密保持契約の締結
委託先事業者を含む個人情報取扱い者に対して個人情報取扱いを含む機密保持契約を締結します。

(2)個人情報委託事業者選定基準の設定と運用
当社の取り扱う個人情報の処理を外部に委託する場合には、委託事業者選定基準に基づき委託先としての適切性を判断した上で、処理委託を行い、定期的に安全管理状況を確認します。

(3)教育訓練の実施
必要な人員に対し、教育訓練を実施することで、個人情報取扱い従業者の安全な業務活動を促進します。

物理的安全管理措置:

(1)機器の設置、安全な場所内での業務遂行
個人情報の盗難、漏洩を防ぐため、その個人情報の性質に応じて、個人情報を取り扱う機器及び業務は安全な場所に設置し運用します。

(2)個人情報の保管
個人情報の管理にあたっては、その個人情報の性質に応じて、かぎ付き保管庫での保管等安全な場所で保管します。

技術的安全管理措置:.

コンピュータウィルスへの感染防止など不正ソフトウェア対策に努めるとともに、個人情報に対する従業者の論理的アクセス権限を規定し、アクセス権限内で業務を実施できるよう技術的安全管理措置を講じます。またアクセスの結果については記録を保持し、緊急事態発生時の備えとします。


個人情報取扱いに関する事件事故発生時の対応
当社は、「個人情報の漏洩」「個人情報の不正利用の発生」を個人情報取扱いに関する事件事故と位置付けます。事件事故発生時には、事故発見者からの連絡を各部担当が受付け即時、代表取締役の参加を得て経営会議を実施します。経営会議では事件事故の重大さ、規模を把握し、事故による被害を被る可能性のあるご本人様へ事件検出後1両日中に事件内容と想定される事態を連絡します。また、事件事故の性格に応じて、関連諸団体への連絡を行います。
併せて発生原因と事件事故発生責任を追及し、必要に応じて法的な手段を講じるとともに、応急処置と再発防止のための是正処置を実施します。

○継続的改善

当社は、定期的に当社の個人情報保護の取組み状況を見直すとともに、個人情報事件事故発生時に、見直します。見直し結果を受けて、個人情報保護への取組み自体の内容を改善します。

○当社の個人情報保護への取組みに対する受付窓口

ご本人様による請求事項、及び当社の保有個人データ、個人情報の取扱いについてご不明の点、苦情等がございましたら下記「個人情報相談窓口」までご一報ください。

○個人情報相談窓口

Tel:03-3360-9001
Fax:03-3367-2001
〒161−0033 東京都新宿区下落合1-5-22 アリミノビル4階
Eメールアドレス:kenshu@gtc.co.jp

2005年4月1日
株式会社グローバルテクノ
代表取締役 砂川 清栄

▼次のページへ

 

copyright (C) GLOBAL TECHNO Inc.
TOP PAGEへ戻る